仕事中に交通事故を起こした場合に適用される労災保険について

交通事故が起きてしまったタイミングによってある程度使用する保険にも変化が現れてきます。
プライベートなタイミングで事故になってしまった場合にはご自分が加入している任意保険は使用することになるのですが、万が一これが仕事中であった場合には原則として労災を使用することになります。
しかし仕事中ではなく、仕事が終わり勤務先から自宅に帰る途中で事故に遭ってしまった、または事故を起こしてしまったといった場合には労災が適用されるのかどうかといった部分が大きな問題点になってきます。

仕事帰りのプライベートな時間での事故には労災は適用されない

基本的には仕事が終わり自宅に戻るまでの間は君に含まれていますので、原則として労災保険を使うことができるのですが、友人などとの待ち合わせがあり、仕事帰りに友人と食事をしてからその後自宅に帰るまで事故を起こしてしまったといった場合には労災が使えなくなる事も多々あります。
職場から自宅へ直行している最中の事故でなければ、その間にワンクッションが挟まれている為、プライベートとして扱われてしまうのは仕方がないといえるでしょう。

ただ、会社によっては、勤務先から自宅に直帰する段階での事故に関しても、労災を使わないと言われることがあります。
特にこのように言われてしまうのはご自身が加害者であった場合や過失割合が大きくなってしまった場合なのですが、労災を使ってしまうことによって、会社のメンツが悪くなるなどと考えている会社の場合には労災を使いたくないと言う気持ちが働いてしまうため労災は使わないと言われるようなこともあるでしょう。
しかし社会人として働いており、勤務先が明白であれば労災保険は誰でも使うことができます。

通勤中の事故には労災保険の他にも自賠責保険が使える

このようなケースの場合には自分が加入している任意保険を使用する必要はなく、労災を使うことができるのですが、自賠責保険も使用することができるので、こちらの自賠責を進められるようなケースもあるでしょう。
加害者になってしまった場合には会社に迷惑をかけないため、自賠責保険を使うというのも良い方法になるのですが、被害者であった場合には民法上の不法行為責任に基づく損害賠償請求権がありますので当然ながら労災を使うことも可能になっています。

労災保険と自賠責保険を同時に2つ使うことはできない

それぞれで管轄が違っているのですが、2つの保険は同時に使うことはできませんので、どちらか一つを選ばなくてはなりません。
事故の被害者になってしまった場合であっても、ある程度自分に大きな過失を犯してしまった場合や、過失割合で先方と揉めてしまうような場合もしくは加害者側が保険に加入しておらず、自賠責保険しかないといった場合には労災を使った方が良いといえます。

何故かというと、自賠責は過失の割合によって減額がありますが、労災にはこのような減額が無いためです。