危険運転で起こした交通事故は保健会社の補償の対象となるのか?

交通事故というのは巻き込まれてしまうだけでも非常に迷惑に感じてしまうものです。

しかし交通事故の被害に遭ってしまった際に加害者となるドライバーが危険運転を行っていた場合には保険会社が補償の対象として扱ってくれないのではないかといった不安がよぎるものではないでしょうか。

このように交通事故の加害者が万が一危険運転を行っていた場合であっても保険会社はしっかりとした保障を行ってくれますので安心しましょう。

どのような運転をしていた場合であれ、加害者として被害者に対して補償しなければならないことは変わりありません。

未成年や無免許運転での交通事故では保健会社は補償をしてくれない

しかし加害者が任意保険に加入していなかった場合や未成年の無免許運転で責任問題があるかどうかが問われてしまうような場合には自賠責保険からの支払いとなってしまうことがほとんどなため、十分な補償が受けられなくなってしまいます。

任意保険に加入していないドライバーが危険運転を行い、事故を起こした場合には被害者に対して自賠責から最優先に必要な補償金が支払われることになっているのですが、それでも自賠責だけでは補償される金額が足りないといった場合には速やかに弁護士への相談を行い加害者本人に対して必要なだけの補償を請求していくようにしましょう。

被害者となってしまう場合だけではなく、自分が加害者になってしまったことを考えた上でもやはり任意保険には加入しておいた方が良いと言えます。

自賠責で補えきれない部分は運転者自身が賠償しなければならない

加入していなかった場合には、前述の通り自賠責で補えきれない部分を自分の実費から補っていかなくてはならないので簡単に支払える金額ではなくなってしまい、本当に苦しい思いをしなければなりません。

また危険運転を行い、交通事故を起こした場合には刑罰も非常に重たくなってしまうため、例えば飲酒運転やその他にも信号無視スピード違反など危険運転にあたるような運転は日頃から避けた方が良いのは間違いありません。

中でも飲酒運転というのは最も刑罰も重く罰せれてしまいますので、お酒を飲んだ際には絶対に車の運転をしないようにしましょう。

危険運転をしているドライバーが加害者となり交通事故の被害者になってしまった場合には加害者がお酒を飲んでいたりすると、その場で話ができないこともありますが、このような場合でもすぐに警察と保険会社には連絡を入れて事故の初期対応してもらえるようにお願いしなければなりません。

交通事故というのは何よりも初期対応が大切になりますので、自分が保険に加入している場合はもちろんですが、相手が保険に加入している場合にも相手の保険会社に連絡を入れてもらえるように話をしなければなりません。

このようなその場での話においても、自分だけではなく警察そして保険会社の担当スタッフに立ち会ってもらうようにしてください。

交通事故の示談交渉には妥協しない心構えが必要

前の項でも書きましたが、交通事故の示談交渉に臨む際は、しっかりした心構えで臨まなければいけません。

でないと交渉力に長けた保険会社の担当者に太刀打ちできず、良い結果で交渉を終えることができないからです。それに保険会社の担当者が良い人ばかりとは限らず、中にはタチの悪い人もいるかもしれません。

そんな人は被害者の弱みにつけこんだり、なめてかかったりして、自分のいいように交渉を解決しようとするのです。

そうなると被害者の立場は守れません。したがってそうしたことも予想の上で、被害者側は交渉に臨むに際しては妥協しない確固とした心構えで相手に対峙することが必要です。

ではどのような心構えで臨めばいいのかを具体的に述べていきましょう。

交通事故の示談交渉に必要な心構え

交渉相手である保険会社を恐れない

示談交渉に保険会社の担当者がでてくるのは加害者が任意保険に加入しているからです。

任意保険は正当な理由さえあれば被害者が請求した賠償金が支払われるのが普通です。

したがって何も遠慮することはありません。たとえ保険会社だとはいえ何も恐れることはないのです。

もしも何か分からなかったら、交通事故に詳しい弁護士にすぐに相談するべきでしょう。(埼玉県川口市で交通事故に強い弁護士に相談

熱くならず冷静な態度で交渉に臨む

交渉は一種の戦いですから熱くなることもあります。そんなときは冷静さを失い、時としては相手を怒鳴りつけたくなることもあるでしょう。

しかし、相手は怒らすことを計算の上で臨んでいるのかもしれません。相手に足もと見られないためにも、交渉にはなるべく冷静な態度で臨むべきです。

保険会社の言いなりになってはいけない

示談交渉では最初に保険会社の側が賠償金の額を提示してくるのが普通です。

でも呈示された金額が被害者にとって望ましいものならいいのですが、ほとんどの場合、その額は被害者側の思惑を大きく下回っているといって間違いないでしょう。

被害者側としては決してその額を呑むことはできません。不利な条件を呑んで安易に妥協することだけは、どうしても避けなければいけません。交渉は持久戦ですから、粘って、粘って、粘り抜くことが必要です。